2016/11/18

SketchUp PRO/MAKE 2017 M1 リリース

リリースから10日、早くもメンテナンスリリース1が公開されました!
Mac 版のリビジョンナンバーは 17.1.173 となりました・・

 

リリースノートはいつものコチラ・・
主にいくつかのバグフィックスのためのリリースという状況のようです・・

Win 版では、Excel のシート名が日本語だと、LayOut への取込みがうまくできない状況でしたが(シート名を半角・英数にすると取込み可能)今回のメンテナンスリリースで BUG FIX されました。

一応、以下、前回同様、Google 翻訳のコピペです・・

SketchUpリリースノート
修正/改善
(Win)一部のマシンの起動時に発生するクラッシュを修正しました。
(Win)SketchUpのローカライズされたビルド内にUI :: Notificationsが表示されないという問題を修正しました。
(Win)Chromium開発ツールを追加しました。
(Mac)一部のマシンでOpenGLエラーが発生してSketchUpを起動できない問題を修正しました。
(Mac)「レイヤー」ダイアログで可視順にソートするときに、レイヤーが正しくソートされないという問題を修正しました。

LayOutリリースノート
修正/改善
(Win)シートタブのタイトルにユニコード文字を含むExcelファイルを挿入する際にファイルが読み込まれないという問題を修正しました。

2016/11/15

SketchUp 2017 M0 リリースノート

Google 翻訳の精度が向上したということで、リリースノートを日本語にしてもらいました・・ しかし今回のアップデートは盛りだくさんですね・・ 
以下コピペです・・(一部明らかに変なところは随時加筆修正しています)

Released: November 07, 2016
Version:
17.0.18899 (Win 64-bit)
17.0.18898 (Mac 64-bit)
SketchUp Release Notes
What's New?

グラフィックパイプライン
SketchUp 2017では、SketchUpモデルの表示方法などのグラフィックスパイプラインを完全に修正しました。これは過去にできたことをはるかに超えた革新を可能にする大きな変化でした。

この新しいグラフィックスパイプラインでは、SketchUpの以前のバージョンよりも厳しいハードウェアおよびソフトウェア要件があります。 SketchUpを実行するには、次のものが必要です。
  • 64ビットオペレーティングシステム。
  • OpenGL 3.0以上をサポートするグラフィックスカード。
  • ハードウェアアクセラレーションをサポートするグラフィックスカード。私たちはもはやソフトウェアレンダリングをサポートしません!
  • カードがSketchUpモデルをレンダリングできることを保証するために、SketchUp 2017によって実行される一連のテストに合格するグラフィックスカード。これらのテストには、SketchUpのGLSLシェーダのコンパイルやOpenGLフレームバッファオブジェクトのサポートなどのチェックが含まれています。
コンピュータがこれらの要件を満たしていない場合、SketchUp、LayOut、StyleBuilder、Viewerを起動するとエラーダイアログが表示されます。このダイアログでは、満たしていない要件を知ることができ、エラーを修正するまでSketchUpを実行できなくなります。このエラーダイアログが表示された場合は、グラフィックスカードドライバをアップグレードしてみてください。ドライバをアップグレードすることはトラブルシューティングの最初の段階であり、しばしばエラーを解決します。

モデリングウィンドウの高DPIサポート
SketchUp 2017モデリングウィンドウが「DPI対応」になりました。 SketchUp 2016では、ユーザーインターフェース(ツールバー、カーソルなど)を拡大しました。 SketchUp 2017では、作成中の傑作をよりよく表示できるように、モデリングウィンドウでコンテンツをスケーリングしています!この作業には、より大きいスケールの推論グラフィックスとラインワークと、推論アイコンの更新が含まれます。

拡張機能マネージャー
拡張機能マネージャは、拡張機能がSketchUpとどのように連携するかを管理する新しい方法です。ユーザーは、この新しいダイアログから拡張機能をインストール、アンインストール、有効化、無効化、更新することができます。さらに、ユーザーはこの同じダイアログを使用して拡張機能ロードポリシーを設定できます。これは以前システム環境設定ダイアログにあった拡張機能と拡張機能のロードポリシーを完全に置き換えたものです。 拡張機能マネージャは、WindowsとMacの両方のウィンドウメニューにあります。

ツールと推論の改善
いつものように、我々はコアモデリングツールと推論を改善する方法を検討しています。このリリースは違いはありません。新機能の簡単な説明は次のとおりです。

オフセットツールの改善:これまでは、オフセットツールは重複または自己交差ジオメトリを作成していました。これらのオーバーラップを自動的にトリミングして、重複のないきれいな境界を作成するようにツールを変更しました。古い機能はまだ変更キーで利用可能です。

長方形ツールのプレーンとシェイプロッキング:矩形ツールでは、矢印キーを使用してプレーンを軸またはサーフェスに垂直に固定します。これには、下矢印キーを使用して軸外の面をロックする機能が含まれます。 長方形ツールは、円ツールとポリゴンツールの推論機能と一致します。さらに、Shiftキーを押すと、正方形または黄金の部分の比率がロックされるようになりました。

回転長方形ツールのプレーンロックの改善:回転長方形ツールは、ツールのすべてのステップでロックされたプレーンを尊重するようになりました。最初にツールを固定するサーフェスを選択した場合、この方向は長方形の作成中も変わりません。

フェイス推論に垂直:任意のサーフェイス上にマウスを乗せて、フェースに垂直な方向の推論を見つける機能を追加しました。描画線と参照面がマゼンタでハイライトされ、新しい「面に垂直」のツールチップが表示されます。下向きの矢印キーを使用してこの推論を強制することはできませんが、Shiftを押しながら表示されるとロックできます。

コンポーネントの原点推論:コンポーネントの原点を見つけてスナップする機能を提供する新しい「コンポーネントの原点」推論ポイントを追加しました。この推論は、原点にジオメトリがあるかどうかを示し、他の推論より優先度が高い。これは、選択したコンポーネントまたはグループを描画ツールでホバーすると自動的に表示されます。

永続ID
エンティティの永続IDがSketchUp 2017に追加されました。この機能は開発者にとって有用であり、LayOutと他の製品との相互運用性を向上させます。ユニークで永続的なID番号は、モデルに追加されるときに内部的にジオメトリに割り当てられます。これには、ジオメトリが移動、回転、または拡大縮小されても維持されるエッジ、頂点、面などの一意のIDが含まれます。

カラーブラインドのアクセシビリティ
SketchUpの赤、緑、青、マゼンタ、シアンの推論カラーをカスタマイズすることができるようになりました。赤と緑色を区別できない場合や、単にSketchUpの色をカスタマイズしたい場合は、SketchUp 環境設定 > アクセシビリティで可能です。これらの設定を変更すると、選択した方向の色と正確に一致するように軸の色が明るくなります。 SketchUp 2016以前のバージョンでは、軸の色は推論の色に比べてわずかにミュートされていました。また、色を調整すると、SketchUpはツールチップ、ステータスバー、インストラクタで赤、緑、青の軸方向を引き続き参照します。推論アイコン(端点、中点、エッジ上など)もこの機能の影響を受けず、元の色のままですが、形状を更新して視認性を向上させました。

さらに、新しい「カラーブラインドスタイル」が「カラーセット」スタイルライブラリに追加されました。このスタイルは、カスタムカラーとシェードのダイヤルのベースとして使用します。推論がいつ出現するかを見る人々の能力を最大にするのを助けることを意図しています。多くの異なるタイプのカラーブラインドがあるので、あなたに適した色に最もよく合うようにこのスタイルを編集する必要があります。完了したら、新しいスタイルでテンプレートを設定することを忘れないでください。

よりスマートなグラフィックスカードの設定
SketchUpを起動すると、理想的なグラフィックスカード設定(理想的な「ピクセル形式」)を選択することで、SketchUpをできるだけ最高に走らせることができるようになりました。これまでは、モデルを表示したり、パフォーマンスに悪影響を及ぼしたりする可能性のある設定を選択しないことがありました。

この作業の一環として、Windowsでは[環境設定]> [OpenGL]でマルチサンプルアンチエイリアス設定を変更しやすくなっています。ただし、グラフィックスカードに最適と思われる設定が選択されていますが、設定を高くしすぎるとパフォーマンスや安定性に影響が出る可能性があります。

「警告」セクションを「環境設定」>「OpenGL」>「グラフィックカードの詳細」に追加して、グラフィックカードに関する潜在的な否定的条件を表示して、状況を改善するための行動を取ることができます。グラフィックスカードに警告が表示されている場合は、[環境設定]> [OpenGL]ダイアログに大きな警告アイコンが表示されます。詳細については、[グラフィックスカードの詳細]ボタンをクリックする必要があることを示すテキストがあります。

標準化された製品コンテンツの場所
私たちは、コンポーネント、素材、スタイルのコレクションなどの製品コンテンツがファイルシステムに格納されている場所を標準化しました。

Windowsでは、SketchUp(コンポーネント、マテリアル、スタイル)に付属するデフォルトのコンテンツをProgram Filesディレクトリから移動し、ProgramDataディレクトリに配置しました。 WindowsとMacの両方で、ユーザー関連のコンテンツ用にコンポーネント、マテリアル、スタイル、テンプレートフォルダを作成しました。既定では、これらのフォルダは次の場所にあります。

Windows: C:\Users\\AppData\Roaming\SketchUp\SketchUp 2017\SketchUp
Mac: Users//Library/Application Support/SketchUp 2017/SketchUp/

これらのフォルダにコンテンツを保存すると、何もせずにコンポーネント、マテリアル、スタイルブラウザに表示され、テンプレートもテンプレートペインに表示されます。さらに、これらのフォルダの内容を変更するために、特別な権限は必要ありません。

Windows上の「環境設定」>「ファイル」パネルに新しい機能を追加し、Macにこの「環境設定」パネルを追加することで、コンテンツに簡単にアクセスできるようになりました。エクスプローラ/ファインダで開くボタンをクリックするだけでコンテンツにアクセスできますが、上記のフォルダの場所を覚えておく必要はありません。

グループからコンポーネントへのワークフローとソリッドツールでのコンポーネントの処理の改善
グループをコンポーネントに変換するときに、コンポーネント作成ダイアログを表示するようになりました。これにより、エンティティ情報またはコンポーネントダイアログで結果のコンポーネントを元に戻して編集する代わりに、変換するときにコンポーネントの全範囲を設定することができます。このワークフローは、Solid Toolsをコンポーネントで使用する際に大いに役立ちます。 Solid Toolsは依然としてグループを作成しますが、create componentオプションを使用して必要なコンポーネント定義を再定義するのは素早くできます。

macOS Sierraのサポート
私たちのQAチームは、SketchUp 2017が完全に互換性があると言うほど、Appleの最新のオペレーティングシステムであるmacOS Sierraを壊滅させた。

Trimble Connect Extension
Trimble Connect Extensionは、Trimble ConnectおよびSketchUp Ruby APIの変更を利用するために書き直されました。アップデートと新機能:

  • サインイン:Trimble IDまたはGoogleアカウントを使用してサインインできるようになりました。
  • ファイル管理の改善:Open and Publishダイアログを改訂して、Connectでプロジェクトをすばやく参照できるようにしました。
  • Collaboration Manager:ToDosの作成と管理、参照モデルの管理、モデルに関するコメントの追加を可能にする新しいダイアログ。上のボタンは、ToDos、Comments、Reference Models、Trimble Connectの起動など、さまざまなペインを表示します。
    • ToDos  - コラボレーションマネージャからToDosを作成および管理します。 ToDosを表示するには、SketchUpで作業しているモデルに関連付けておく必要があります。プロジェクト内のすべてのToDoを表示するには、コラボレーションマネージャーの右上にあるConnectアイコンまたはWebブラウザーでConnectにアクセスして、完全なConnect Webインターフェースを使用します。
    • コメント -  2つのスピーチバブルを示すアイコンをクリックして、コメントペインを表示します。モデルのコメントを表示したり、新しいコメントを追加することができます。
    • 改善されたモデル参照 - チェーンモデルアイコンをクリックすると、参照モデルペインが表示されます。参照ペインの下部には、新しい参照モデルをインポートするためのボタンと、既存のすべての参照モデルを削除または更新するためのボタンがあります。特定の参照モデルの横にある矢印をクリックして、配置を編集し、その調整をプロジェクトに保存し直します。参照モデルの名前の横にある[Cloud +]アイコンをクリックして、参照モデルを個別に更新することもできます。

バグ修正/小さな改善
上記に加えて、私たちはバグを修正し、いくつかの小さな機能を追加しました。

安定
  • テクスチャイメージが関連付けられていないテクスチャを持つモデルを開いたり、作業したりするときに発生する可能性のあるクラッシュを修正しました。
  • 不自然なエッジでモデルを印刷するときに発生する可能性のあるクラッシュを修正しました。
  • 大規模なモデルをテクスチャで印刷する際に発生するクラッシュを修正しました。
  • ウォーターマークと異なるエッジスタイルのシーンがあるアニメーションを書き出すときに発生するクラッシュを修正しました。
  • (Win)統合Intel HDグラフィックス5500グラフィックスカードを搭載したマシンでSketchUpでモデリングを行う際に発生することがあった非常に頻繁なクラッシュを修正しました。
  • (Win)指定したカスタムフレームサイズで.webmまたは.ogvとしてアニメーションを書き出すときに発生するクラッシュを修正しました。
  • (Mac)太陽の向きが目の向きにほぼ垂直なモデルを開くときに頻繁にクラッシュする問題を修正しました。
  • (Mac)ワイド画像を読み込むときやワイド画像を含むモデルを開くときに頻繁に発生するクラッシュを修正しました。
  • (Mac)3D Warehouseへのコンポーネントのアップロードをキャンセルした後にモデルをアップロードする際に発生するクラッシュを修正しました。
  • (Mac)DimensionsツールまたはTexture Positionツールのいずれかを使用してファイルを閉じるときに発生したクラッシュを修正しました。
  • (Mac)新しいモデルに場所を追加した後にSketchUpがクラッシュすることがある問題を修正しました。
  • (Mac  -  Sierra)複数のドキュメントを開いて変更を終了して破棄するときに発生する、断続的なクラッシュを修正しました。
  • (Mac)ドキュメントを切り替えた後にドキュメントを閉じるときに発生するクラッシュを修正しました。

モデルの表示/イメージのエクスポート
  • 以下の変更を含む、透明性の表示方法を書き直しました。
    • パフォーマンスが大幅に改善されました。
    • モデルの外観の精度が向上しました。
    • 透明度の品質ドロップダウンから「中程度」の透明度を削除しました。 「中」透明度を使用するPre SU 2017モデルは、デフォルトで「Faster」透明度にデフォルト設定されます。
    • X線モードとより良い透明度が選択されたときに適用される「X線不透明度」スライダを追加しました(透明度を高くするとデフォルトは65%、透明性を高めるには50%になります)。
    • [スタイル]ダイアログの[顔]タブで有効/無効の動作を改善し、実際にモデルを変更するときにのみコントロールが有効になるようにしました。
  • エクスポートされたアニメーションで面のコンポーネントのフラッシュが点滅する問題を修正しました。
  • 軸による色を使用しているときに、線が軸上にあるように線が正しく表示されないという問題を修正しました。
  • 入れ子セクション平面の選択ハイライトが間違って見える問題を修正しました。
  • ワイヤフレームのフェイススタイル(他の画像が表示されたとき)を使用しているときにアルファ画像が表示されないという問題を修正しました。
  • 面の近くに描かれたビューベースのテキストのリーダーが正しく描画されないという問題を修正しました。
  • [最大テクスチャサイズ]オプションを使用しているときにスケッチのエッジがぼやけることがある問題を修正しました。
  • 類似コンポーネントの削除オプションを使用しているときに面の選択のハイライトが正しく表示されないという問題を修正しました。
  • ネストされたセクションプレーンが必ずしもジオメトリをカットしないという問題を修正しました。
  • 大型モデルのコンポーネントが、他のグラフィックスカードよりも高速にモデルから脱落したバウンディングボックス/その他の表示要素に劣化する問題を修正しました。
  • 材料の透明度がオフで、X線がオンのときに、材料が透明として間違って表示される問題を修正しました。
  • 上面から見たときに地面がZ面と戦う問題を修正しました。
  • セクションカットをオフにすると、一致する写真の前景画像が常に表示されるとは限らないという問題を修正しました。

高DPI /カーソル
  • モデリングウィンドウ内の要素(例:エッジ/エッジエフェクト、推論アイコン/ラインワーク、選択ハイライト、一致した写真/テクスチャ位置グリッド、モデル/コンポーネント軸、ガイド、テキスト/寸法、コンポーネント境界ボックス)がスケールされ、高いDPIモニターでよりよく見えるはずです
  • エッジのための領域を選択し、一般的な「スナップ」が拡大縮小され、高DPIモニタでの選択が改善されるはずです。これにより、SketchUpがより大きな解像度の画面で、またはOSの設定でディスプレイが拡大/縮小されたときにSketchUpが感じる方法が変わります。
  • 新しい「原点」推論アイコンを含む推測アイコングラフィックを更新しました。
  • 更新された位置テクスチャツールのアイコン。
  • (Win)Instructorダイアログを開いたままマウスを移動するまで、ショートカットを使用しているときにツールカーソルが表示されないという問題を修正しました。

ツールと推論
  • テープメジャーツールを使用して、 "On Face"推論のガイドラインを作成できるようになりました。
  • 長方形ツールでVCB(測定ツールバー)に表示される寸法が実際の寸法と必ずしも一致しない問題を修正しました。
  • 長方形ツールの問題点を修正しました。正方形または黄金のセクションが、Fromポイントの推論がアクティブなときに見つからない問題を修正しました。
  • 回転矩形ツールで、カーソルを描画ウィンドウの外に移動するときに分度器が表示されていた問題を修正しました。
  • いくつかの特定のケースでは、VCB(測定ツールバー)に無効な入力を入力したときに無効な入力メッセージが受信されない回転矩形ツールの問題を修正しました。
  • 長方形描画後にVCB(測定ツールバー)に同じ寸法を入力したときに無効な入力メッセージが表示される、回転矩形ツールの問題を修正しました。
  • クリックしてドラッグする機能を参照する回転矩形のインストラクターコンテンツを追加しました。
  • 軸から外れたときに存在しなかった軸推論にスナップ可能なサークル/ポリゴンツールの問題を修正しました。
  • 円/多角形ツールの問題を修正しました。描画中に消えてしまい、円/多角形に垂直な軸に半径を合わせたときに完了できませんでした。
  • 円弧/円/多角形のVCB(測定ツールバー)にセグメント数を入力するときにエラーチェックを追加しました。
  • 小さいピクセルビューでの円弧/円/ポリゴンの視覚的手がかり(端点と中心)を削除しました。キューが表示されていない場合は、ズームインしてキューを表示します。
  • 最後に訪問したエッジが分度器ベースのツールのロックされたプランの外にある場合、矢印キーの軸の制約が期待通りに解放されないという問題を修正しました。
  • ロック/アンロックされたプレーンのツールチップが引き続き表示され、エスケープ後にハイライト表示がリセットされない、分度器ベースのツールに関する問題を修正しました。
  • Arc、Pie、およびMoveツールから脱出した後に並列推論が失われる問題を修正しました。
  • 最初のクリックの前に矢印キーを使用して線、テープメジャー、移動ツールが方向を固定する問題を修正しました。
  • 推論中に移動ツールを使用して回転するときに、VCB(測定ツールバー)の角度値が常に適切に更新されない、移動ツールの問題を修正しました。
  • 回転/コピーを使用するときに、元の選択セットを推定する機能が追加されました。
  • シフトを解除した後に軌道追従してパンニングを行ったときに推論がロックされたままになる問題を修正しました。
  • スケールスケールツールでスケールスケールがスケール境界を正しく再描画しないという問題を修正しました。
  • 2回目のクリック後に軸の矢印キーで拘束されたときに、マゼンタを間違ってハイライト表示する2点弧の外観上の問題を修正しました。
  • 円弧が四分円、四分円、三分円の場合、端点を結んでいる線が軸の色付けを失うという3点弧に関する美的問題を修正しました。
  • MoveツールのVCB(Measurementsツールバー)ラベルを "Length"から "Distance"に更新し、アクションをより正確に記述しました。
  • 分度器/平面ベースのツールのインストラクタコンテンツのシフトに関する標準化された参照。
  • (Mac)回転矩形で、予想された角度から1度ずれた角度にスナップする問題を修正しました。

グループ、コンポーネント、ソリッドツール
  • Entity Infoのコンポーネント/グループのラベル( "Name"が "Instance"に変更)とCreate Component Dialog( "Name"が "Definition"に変更されました)が追加されました。
  • グループインスタンス名は、グループをコンポーネントに変換するときに、「コンポーネント作成」ダイアログの「コンポーネント定義」として入力されます。
  • ロックされたインスタンスを含むコンポーネントを編集または再ロードして、何が起きるかを明確にするためのメッセージを改訂しました。
  • 以前に3D Warehouseからインポートまたはダウンロードされたコンポーネントを再読み込みしようとするとファイル名が切り捨てられる問題を修正しました。
  • Solid Toolsを使用してコンポーネントの1つのインスタンスを変更し、更新されたグループをコンポーネントワークフローに活用することで、すべてのインスタンスにその変更が反映されるようにしました。ソリッドツールで修正した後、右クリックして[コンポーネントの作成]を選択し、上書きする定義名を選択すると、コンポーネントのすべてのインスタンスが置き換えられます。

場所を追加
  • 場所の追加ボタンが重なり合う問題を修正しました。
  • Add Locationダイアログが高いDPIで不十分に表示される問題を修正しました。
  • 連続する位置を取得するときに、[位置の追加]ウィンドウのサイズ変更を修正しました。

ライセンス
  • 期限切れのプライベートネットワークライセンスで表示されたエラーメッセージを修正しました。
  • ユーザー名に「ë」文字が含まれていた場合、ライセンスをアクティブ化できない問題を修正しました。
  • 使用中のすべてのネットワークライセンスシートを使用してSketchUpを起動したときに表示されるメッセージを更新しました。
  • ネットワークライセンスでオフラインでSketchUpを起動したときのメッセージを更新しました。
  • チェックアウトされたオフラインネットワークライセンスが期限切れになったときに表示されるメッセージを更新しました。
  • ライセンスに関連付けられたチェックアウト日がないネットワークライセンスをチェックアウトしようとしたときに表示されるメッセージを更新しました。
  • (Win)一部のSketchUp MakeユーザーがライセンスエラーのためにSketchUp Makeを実行できないという問題を修正しました。

Macの改善
  • (Mac)ズームのスクロール方向を切り替える機能が追加されました。このオプションは、SketchUp環境設定の新しい[互換性]ペインで使用できます。
  • (Mac)Finderでモデルプレビューを表示する機能が追加されました。
  • (Mac)SketchUp設定を表示するショートカットを追加しました。

その他
  • コンポーネントの複数のコピーによる移動/コピー操作のパフォーマンスが向上しました。
  • シーンを切り替えるときや同じシーンをクリックするときに、まだ更新されていない変更されたスタイルが元のスタイルに戻る変更を加えました。
  • 「新しいスタイルとして保存する」に新しいスタイルを追加するときに表示される警告メッセージのデフォルト値を変更しました。
  • ダイアログがサイズ変更されたときにリストビューのサイズが適切に変更されなかったコンポーネントおよびシーンダイアログの問題を修正しました。
  • レイヤーツールバーで長いレイヤー名が表示されない問題を修正しました。
  • 有効性チェックに永続ID検証を追加して、重複IDまたは重複IDがないかどうかを確認しました。
  • 特定のレジストリスクリプトを実行することによってのみ修正できるハングアップの原因となる、いくつかの構成でモデルを保存する問題を修正しました。
  • インストラクターのテキストを暗くして読みやすくしました。
  • 管理者以外のユーザーがテンプレートを保存できないという問題を修正しました。
  • モデルを自分自身にインポートしようとすると、エラーメッセージが改善されました。
  • 上位バージョンのコンポーネントを再読み込みしようとしたときにエラーメッセージが追加され、上位バージョンのファイルをインポートしようとしたときにメッセージが改訂されました。
  • 設定>ファイルを使用して、Unicode文字を含むファイルパスをエクスポート/インポートできない問題を修正しました。
  • アニメーションの書き出しがセクションプレーンのアニメーションをスキップする問題を修正しました。
  • 楕円やコピーされた楕円の長さが正しく報告されないという問題を修正しました。
  • エンドポイントと拡張エッジの設定をArchitectural Design Styleから削除しました。
  • インテリアデザインとプロダクションデザインのテンプレート記述のタイプミスを修正しました。
  • 3D印刷テンプレートから未使用の「Material1」を削除しました。
  • ウェルカムダイアログと製品イメージが更新されました。
  • SketchUpがオンラインのときにオフラインのLearnタブのコンテンツを間違って表示する問題が改善されました。
  • ポーランド語ビルドを追加しました。
  • ローカライズされたビルドでいくつかの翻訳と切り捨てエラーが修正されました。
  • (Win).skmと.styleサムネイルを表示する機能が追加されました。
  • (Win)新しい環境設定を読み込んだ後、SketchUp環境設定でファイル場所フォルダが間違ったディレクトリに開く問題を修正しました。
  • (Win)SectionツールバーのSection Planeアイコンにテキストが欠けていた問題を修正しました。
  • (Win)「システム環境設定」ダイアログのタイトルを「SketchUp設定」に更新しました。
  • (Win)[いいえ]ボタンと重複しているので、トレイ削除警告ダイアログからキャンセルボタンを削除しました。
  • (Win)無効なトレイ名のメッセージからコンマを削除して、無効な文字を明確にしました。
  • (Win)SketchUpモデルを読み込み専用として開いて同じ名前で保存するとSketchUpモデルが削除される可能性がある問題を修正しました。
  • (Win)SketchUpのウェブダイアログのサイズと位置を最適化しました。
  • (Win)Dynamic Components拡張に使用されるレンダリングモードを更新しました。
  • (Mac)エンティティを選択するときにエンティティ情報を含むすばらしいダイアログが分割されたり、ドキュメントを切り替える際にギャップを表示したりする問題を修正しました。
  • (Mac)複数のデスクトップを使用しているときにデスクトップが予期せず切り替わる問題を修正しました。
  • (Mac)Windowsとの一貫性のために、[コンポーネント/グループハイライト]バウンディングボックスオプションをSketchUp環境設定の新しい「互換性」枠に移動しました。
  • (Mac)SketchUpが保存時に読み取り専用ファイルを上書きする問題を修正しました。読み取り専用ファイルを保存しようとすると、警告メッセージが表示されるようになりました。
  • (Mac)ファイルがロックされているため、ファイルが開いていて、同じマシン上の別のセッションまたはバージョンのSketchUpで開こうとすると、読み込み専用として開くというメッセージが表示されます。
  • (Mac)[ウォーターマークの選択]ダイアログテキストの不整合を修正しました。
  • (Mac)標準マテリアルフォルダと同じ名前が付けられている場合、SketchUpがユーザー作成マテリアルフォルダを表示しないという問題を修正しました。
  • (Mac)編集モードで別のモデルの材質を選択したときに、予期せずマテリアルを置き換えることができる問題を修正しました。
  • (Mac)トリムツールのアイコンが間違っていた問題を修正しました。
  • (Mac)描画中に開いている2つのモデル間でカーソルを移動するとSketchUpが混乱することがある問題を修正しました。
  • (Mac)ベクター印刷を選択したときにフォントが大きく印刷される問題を修正しました。
  • (Mac)材質のHSB値が更新されず、編集中の素材の値が表示される問題を修正しました。
  • (Mac)図面ウィンドウをクリックしたときにSketchUp図面ウィンドウの後ろに設定ダイアログが表示されないという問題を修正しました。
  • (Mac  -  Sierra)[表示]メニューからセクションプレーンまたはセクションカットを切り替えるときにクラッシュメッセージが表示される問題を修正しました。
  • (Mac  -  Sierra)SUを起動してファイル>レイアウトに送るときに灰色のアイコンが表示される問題を修正しました。

LayOut and Style Builder Release Notes
What's New?

ネイティブテーブル
テーブルを作成する:LO 2017では、多くの要求され、必要なテーブルツールを追加しました。ニーズに合わせて簡単にカスタマイズできる複数の行と列の表を作成できるようになりました。したがって、スケジュールを作成する必要がある場合、カットリストまたは凡例は、新しいテーブルツールには見えません。

テーブルエディタ:ダブルクリックすると、テキストを入力したり、セルをマージしたり、行や列を追加/削除したり、サイズや間隔を変更したり、テキストを回転したり、テーブル全体を分割したりすることができます。ラインとセルの塗りつぶしのシェイプスタイル設定を編集して、テーブルをさらにカスタマイズできます。これらのスタイルは、スタイルツールを使用して他のテーブルにも適用できます。

テーブルデータを挿入する
.csv、.tsv、.xslxのスプレッドシートファイルをLayOutにインポートすることができます。あなたはそれを推測しました:テーブル! LayOutにインポートされたスプレッドシートは、SketchUpモデルや画像ファイルと同様に動的に参照されます。リンクされたファイルが変更された場合は、参照を更新して新しいデータを表示するか、更新されたスプレッドシートに再リンクすることができます。 XSLXファイルから、好きなシートをインポートしたり、既にダイヤルした書式を使用したりすることもできます。意図的なボーナス:SketchUpモデルのデータから美しい表を作成するのはかなり簡単です。 Generate Report(またはCutlistのような拡張機能)を使用して、LayOutドキュメントの.csvを生成します。

テーブルが通常特定のスタイルを使用する場合は、スタイル付きテーブルをスクラップブックに保存できます。新しいテーブルを作成する準備ができたら、スクラップブックからサンプルを持ち込みます。 LayOutにデータを入力したり、外部ファイルからテーブルにデータを挿入することができます。

.xlsxファイルを挿入するときは、データだけ、またはデータとフォーマットをインポートして更新することができます。

描画ウィンドウの高DPIサポート
LayOutの描画ウィンドウは推論グラフィックスを適切にスケーリングすることでDPIを認識します。

永続ID
SketchUpの部分で説明したように、永続IDは、モデルが変更された場合でも、必要なジオメトリに添付された寸法とラベルを保持するための一意で永続的なIDを提供することによってLayOutに役立ちます。 PIDを実装する前にラベルを付けて寸法を付けた既存のファイルを開くと、LayOutはその直下のオブジェクトに接続しようとします。

ソフト切断:寸法やラベルを自動的に接続できない場合、LayOutは「ソフト切断」と呼ばれるものを表示します。これらの切断は、テキストの周囲に印刷できない赤いボックスで表示されます。 「再接続」ディメンションまたはラベルは、オブジェクト、rtを選択することによって行うことができます。 「モデルに再接続」を選択するか、「寸法エディタ」(寸法をダブルクリック)を入力し、切断された終点を移動してオブジェクトに再接続します。これらの強調表示された「ソフト切断」も、[表示]プルダウン、[警告シンボル]、[切断された注釈]のチェックを外すことで抑制できます。

ディメンションの改善
「柔軟な寸法」により、より流動的になるように寸法を更新しました。これで、ディメンションのオフセットまたは接続に影響を与えずにディメンション行をドラッグできます。

オフセットツール
楽しい「ハッカトン」プロジェクトとして始まったのは現在、一般に公開されています。待望の、しばしば要求される機能があなたの手元にあります。直線、円弧、長方形、円、ポリゴン、境界線を持つオブジェクトをオフセットします。

DWG / DXFエクスポータの改善
私たちは苦情を聞いたことがあり、以前のDWG / DXF輸出者の苦痛を感じましたので、私たちはいくつかの大きな変更を行ってきました。

1つのDWGファイル:複数ページのドキュメントをエクスポートできるようになり、1つのDWGファイルに含まれます。 LayOutオブジェクトはペーパースペースに含まれ、非透視SketchUpオブジェクトはスケーリングされたモデルスペースのビューポートに配置されます。パースペクティブ・ビューは、ペーパー・スペースに含まれる隠線画です。

ネイティブDWGオブジェクト:サークル、アーク、および寸法(ラベルとともに線形および角度)がネイティブDWGオブジェクトとしてエクスポートされるため、寸法が分解されず、円と円弧はデフォルトではスプライン分割されなくなります。新しいテーブルエンティティもネイティブDWGテーブルとしてエクスポートされます。必要でない場合は、このオプションのチェックを外すことができます。

レイヤーごとの色付け:レイヤーごとの色としてエクスポートエンティティをサポートしました。ユーザーがレイヤーごとにカラーオプションをチェックすると、すべてのLayOutのカラー情報は無視され、各LayOutレイヤーにインデックスカラーが割り当てられます。レイヤー上のすべてのエンティティは1つの色としてエクスポートされます。

このオプションをオフにすると、黒はインデックス7としてエクスポートされます。他の色は真の色としてエクスポートされます。

線種:定義された線種の尺度が現在尊重されています。

クリッピングマスク:画像とSketchUpビューポート上のマスクをクリッピングすることが無視される代わりにエクスポートされるようになりました。

注釈:テキストとそれがどのようにエクスポートされているかが、正しいフォント、位置、スケールになるように改訂されました。

進捗バー:エクスポート中に進捗バーを追加しました

ツール修正キーを選択
以前のバージョンのLayOutでは、クリックドラッグの選択をしようとすると誤って物を移動させてしまいました。あなたは何も動かさずにクリックしてドラッグできるように、修飾キー(MacではCmd、WinではAlt)を追加しました!

グラフィックパイプライン
LayOutは、SketchUp内で完了した新しいグラフィックパイプラインの作業を最大限に活用するように更新されました。私たちがこれを行うためには、私たちはボンネットの下で大きな仕事をしなければなりませんでした。その結果、SketchUp Graphics Pipelineのセクションでも同じ制限が適用されます。オリジナルのCOMベースの表示ライブラリは、SketchUp C APIの上に構築された新しいバージョンに引き裂かれ、置き換えられました。

カラーブラインドのアクセシビリティ
LayOutはSketchUpのカラーブラインド設定を取得します。 SketchUpで設定した色は、LayOutの推論色として表示されます。

標準化された製品コンテンツの場所
LayOutはSketchUpの新しい標準化された商品コンテンツの場所をスタイルファイルに使用しますが、すべてがそのまま機能するはずです。

警告シンボルの表示設定
表示されたテキスト(赤いオーバーフロー矢印)、未レンダリングされたスクープ(黄色の注意三角形)、切断されたディメンション+ラベル(赤色のテキストが強調表示されている)の警告シンボルを非表示または表示するコマンドを[表示]メニューに追加しました。これらの表示設定は、LayOutファイルに保存する必要があります。

バグ修正/小さな改善
上記に加えて、私たちはバグを修正し、いくつかの小さな機能を追加しました。

安定
  • (Win)オンラインでなく、ユーザーがスクラップブックをネットワークドライブに持っていた場合のクラッシュを修正しました。
  • (Win)ファイルを2回保存するときに、スタイルビルダが未処理の例外エラーを発生する問題を修正しました。
  • (Win)StyleBuilderをシャットダウンするときのさまざまなクラッシュを修正しました。
  • (Mac)スクラップブックの問題を修正しました。スタンプをアクティブにして、別のスクラップブックにアクセスしてクラッシュする可能性がある場合。

DWG / DXFエクスポート
  • DWGにエクスポートされたファイルがテキストの位置を移動し、多くのポストエクスポート作業を必要とする問題を修正しました。
  • DWG / DXFにエクスポートしたときにカスタムRTFインデントが失われる問題を修正しました。
  • ハイブリッドビューポートを書き出し、「編集」品質設定で画像を書き出す問題を修正しました。
  • (Mac).dwgにエクスポートされない特定の共通フォント。
  • (Mac).dwgにエクスポートすると、特定のテキスト属性(太字、斜体、下線など)が失われている可能性があります。

高DPI /カーソル
  • 推定ヒントが高DPI対応に更新されました。
  • (Win)背景画像に歪みがなくなるように、高解像度DPIモニタのLayOut ...ダイアログが更新されました。

その他
  • 背景がトグルされた場合、透明な顔が色相を変えるバグを修正しました。
  • MacでWindows上に作成されたファイルを開くと、テキスト文字列の最後に空白が追加される問題を修正しました。
  • 間違ったメッセージが表示されたトレイを作成する際の問題を修正しました。
  • .rtfボックスに塗りつぶしや線を付けた場合、外部のテキストエディタで挿入された.rtfを開く機能が失われる問題を修正しました。
  • SDKの署名の問題を修正しました。
  • ローカライズされたビルドでシェイプスタイルトレイを標準化し、「pt」ラベルを使用しました。
  • 私たちは警告ダイアログのデフォルトサイズを修正して、HiDPIモニターで見たときには小さく見えないようにしました。
  • 私たちは、AltキーをPCに、Cmd +をMacに追加することで、「移動を抑制」を完全に実装しました。
  • Shiftキーを使用して選択範囲を拡張する際の問題を修正しました。
  • JAビルドで寸法の単位が正しく翻訳されないという問題を修正しました。
  • 私たちは、SketchUpの新しいアイコンをより良く一致させるために、エンドポイントとミッドポイントの推論アイコンを改訂しました。
  • ページの追加/変更時にグループマニピュレータがアクティブのままになる問題を修正しました。
  • グループ内のモデルに対してskp editを入力した後で、グループの境界ボックスが他のページに表示されるときにページを変更する問題を修正しました。
  • SketchUpの編集を終了するためにダブルクリックしたときの動作が改善されました。
  • 「更新の確認」を修正しました。
  • 私たちは、ローカライズされたビルドのためにいくつかの翻訳と切り捨ての修正を行いました。
  • (Win)Setsパネルのヘッ​​ダーでPT-BRスタイルビルダの切り捨ての問題を修正しました。
  • (Win)LayOutは3Dビューの編集中にデフォルトで4xマルチサンプルアンチエイリアシングをサポートするようになりました。
  • (Win) 'Styles'フォルダのアイコンが小さくなく、背景が黒くならないように修正しました。
  • (Win)オープンソースのクレジットがAbout LayOut ...ダイアログに追加されました。
  • (Win)LayOutクラッシュのために不完全なBugSplatデータを取得する問題を修正しました。
  • (Mac)SketchUpモデルをX線モードで表示すると正しく表示されないというバグが修正されました。
  • (Mac)Text  - > Table ...から、Mac固有のrtfテーブルツールを削除しました。メニュー。新しいLayOutテーブルツールを代わりに使用する必要があります。
  • (Mac)Retina Macのみ:編集中にズームしているときの問題を修正しました。外部モニタ上のビューはマウスカーソルの位置でズームしません。
  • (Mac)PDFの書き出しダイアログでいくつかの整列していないテキストを修正しました。


SketchUp API Release Notes
What's New?

すべての新機能とバグ修正の完全なリストについては、http://ruby.sketchup.com/file.ReleaseNotes.htmlを参照してください。
Ruby 2.2
はい、その当時 - 私たちのRubyインタプリタを更新する時間。 Rubyバージョン2.2.4にアップグレードしました。純粋なルビを使用する拡張機能は、ほとんど問題なくRuby 2.2にアップグレードできることを期待しています。コンパイルされたC拡張モジュールは再ビルドする必要があることに注意してください。
組み込みWebフレームワーク
SketchUp 2017で最も興奮している開発者機能の1つは、新しいWeb Dialogフレームワークです。 SketchUp 2017では、Chromium WebブラウザをSketchUpインストーラにバンドルしています。何?!はい、今すぐSketchUpには、MacとWindowsの両方のクライアント用の単一のWebブラウザがあらかじめパッケージ化されています。あなたのウェブページをInternet Explorer 8-11およびSafariと互換性を持たせようとしている間、壁に頭をぶつけることによる外傷はもうありません。
下位互換性を維持するため、Ruby APIに新しいHtmlDialogクラスを実装しました。既存のWebDialogクラスは変更していません。 WebDialogを使用する拡張機能は、変更を加えることなく引き続き動作するはずです。
新しいRuby APIドキュメント
私たちは、Ruby APIドキュメントと公開プロセスの改善に取り組んでいます。私たちは、ドキュメンテーション生成のために、内部的に調整されたRDocのバージョンからYARDに切り替えました。このプロセスでは、ソースコード内のドキュメントに多くの変更を加えなければならなかったので、ニーズに合わせてYARDテンプレートを作成しました。私たちが今いるのは、ドキュメントを数秒で再生成する簡単な方法です。それらをgit repoにプッシュして、すぐに公開することができます。手作業によるhtml編集やSketchup.com Webサーバーへの特別なアクセスをしていたプロセスは、ドキュメンテーションの生成と公開に約10分のプロセスまで短縮されています。
SketchUp C APIのパリティ - 続き
私たちは、2017年にSketchUp C APIに機能を追加し、開発者に大きな利益をもたらし、今後も古いC ++ APIを完全に廃止して削除する努力の一環として、機能を追加することに重点を置いています。 2017年に追加した関数の完全なリストは、開発者のリリースノート(http://ruby.sketchup.com/file.ReleaseNotes.html)にあります。私たちは、非難されたC ++ APIとの機能上のパリティでC APIを検討するのに十分なカバレッジが得られるまで、さらに追加を続けています。
更新されたコンパイラ
WindowsおよびMacOS用のコンパイラを更新しました。 Windowsでは、Visual Studio 2015 SP1(Windows 7をターゲットとする)を使用しています。 MacOSでは、XCode 7.2.1(デプロイメントターゲット10.10)を使用しています。

2016/11/08

SketchUp PRO/MAKE 2017 リリース!

SketchUp PRO/MAKE 2017 がリリースされました!

Mac 版のリビジョンナンバーは 17.0.18898 となりました。
このバージョンから 64bit ONLY となりました。

Mac 版の場合、前回のメンテナンスリリース(2016 MR2)ですでに macOS Sierra (10.12) に対応となっていますが、今回のアップデートでは、最新から過去3つの OS までがサポート対象となったので、早くも 10.9 (Merverics) が対象外となってしまいました・・ (Win 版は 10, 8, 7 ただし64bit)

SketchUp
・グラフィックパイプラインの刷新
 64bit Only
 OpenGL3.0 以上をサポートするグラフィックスカード必須
 ハードウェア・アクセラレーションをサポートするグラフィックスカード必須
・Modeling ウィンドウでの High DPI サポート 
・新たな機能拡張マネージャ
・ツールと推論エンジンの改善
 オフセットツールの改善(従来のモードもあり)
 長方形ツールも←↑→で入力面にロック可能
 推論エンジンに面に対して垂直方向を追加
 推論エンジンにコンポーネントの原点を追加
・モデルのエンティティに永続的 ID 番号を付加
・XYZ軸、接線、平行/垂直線の色を変更可能に(色弱アクセシビリティ)
・グラフィクスカードの設定方法のスメート化
・コンテンツ(コンポーネント、マテリアル、スタイル等)の保管場所の標準化
・グループをコンポーネント化するワークフローの改善
・ソリッドツールによるコンポーネントの扱いの改善
・TrimbleConnect エクステンションの書換
・macOS Sierra 対応
・いくつかのバグフィックス

LayOut
・要望の多かった表ツールの追加
・表のインポート(*.csv, *.tsv, *.xlsx)
・Drawing ウィンドウでの High DPI サポート
・エンティティに付加された永続的 ID 番号に対応
・寸法線の改善
・オフセットツールの追加
・DWG/DXF 出力の改善
・選択ツールに修飾キーを追加
・グラフィックパイプラインの刷新
・色弱アクセシビリティ対応
・SketchUp のコンテンツの保管場所の標準化に対応
・ワーニングシンボルの表示設定を追加
・いくつかのバグフィックス

今回のアップデートで SketchUp+LayOut による 情報を付加した 3D model からの図面作成ワークフローがさらに加速! 内部的に付加された PID により、model を参照した寸法線やラベルは、そのモデルの形状が変更されても、存在する限りその参照が切れることなく更新できるようになりました!!

ヘルプページの日本語版がないので、直接リンクはありませんが、実は日本語版のクイックリファレンスカードもサイトにはアップされており、以下のリンクからダウンロード可能です。

SketchUp
http://dl.trimble.com/sketchup/2017/ja/SketchUp2017refcardmac.pdf
http://dl.trimble.com/sketchup/2017/ja/SketchUp2017refcardwin.pdf
LayOut
http://dl.trimble.com/sketchup/2017/ja/layout2017refcardmac.pdf
http://dl.trimble.com/sketchup/2017/ja/layout2017refcardwin.pdf



2016/09/22

SketchUp PRO/MAKE 2016 MR2 リリース!!

9/21 macOS Sierra がリリースされました。
Sierra のベータ版がリリースされた当初から、フォーラムでは SketchUp/LayOut のクラッシュ事例が報告されていました。
http://forums.sketchup.com/t/sketchup-and-macos-sierra/26490

今回の macOS Sierra のリリースを受けて、SketchUp PRO/MAKE 2016 MR2 がリリースされました。

リビジョンナンバーは 16.1.2418 となりました。
いまのところ、今回のリリースについてはいつものリリースノートには情報公開されていませんでした・・・本来ならメンテナンスリリース2(M2) のリビジョンナンバーは 16.2.xxxx となるのが通例でしたが、今回は macOS Sierra 対応だけのマイナーアップデートということなのでしょうか・・・

いつものリリースノートにアップデート情報が公開されました。チェック早すぎてたみたいです。^^;

フォーラムに報告されていたクラッシュがFIXされたようです。



2016/09/14

Trimble Connect のアップデート

先日、3DWAREHOUSE のモデルビューアが my.SketchUp に切り替わりましたが、 Trimble Connect からも直接、同様のビューアでモデルを開くことができるようになりました。
ビューアの右上に Open: SketchUp というボタンが追加され、クリックすると
3DWAREHOUSE のビューアと同じインターフェースに限定された my.SketchUp (ビューア) にデータが転送されて開きます。ビューアなのでデータの編集はできません。

画面右にはコマンドメニューがあり、シーン選択、回転、パン、ズーム、画面にフィット
が可能です。
あらかじめ SketchUp で設定されたシーンはサムネール表示されるのでわかりやすく、画面右下のアイコンで

フル画面表示すると、プレゼンテーションにも利用できそうです。

2016/09/04

3DWarehouse の 3D viewer のアップデート

大きなアナウンスはありませんでしたが、3DWarehouse の 3D viewer がアップデートされました。

ブラウザ上で動く my.sketchup.com と同じ 3D webGL になり、viewer を表示すると、右側に "<" アイコンが表示され、ここをクリックすると、 my.sketchyp と同じようなインターフェース・アイコンが出てきます。

上から、Scenes, Orbit, Pan, Zoom, Zoom Extents の5つ
シーンタブを設定したモデルは、ここでシーンを切り替え可能となりました。

ところで、以前、3DWarehouse にアップロードしていたデータを、自分のサイトにも埋め込んでいたのですが、表示がなんだかおかしくなってしまいました。
(もしかしたら、今回の更新で、再度埋め込みしなおさなければならないのかもしれません。新しい、埋め込みのソースと比較して試してみようとおもいます。)

以上、報告まで・・


2016/06/14

my.SketchUp.com beta リリース!

2016/06/13-15 3DBASECAMP 2016 の初日の KEYNOTE で WEB ベースの SketchUp ( my.sketchup.com ) のβ版の発表があり、同時刻にリリースされました! 


現在、β版で招待制の公開となっています。上記URLのトップページから 'Request Invite' ボタンをクリックして、メールアドレス、名前を入力して、招待メールが届くのを待ちます。

後述しますが、my.SketchUp は Trimble Connect と連携するので、既に SketchUp で Trimble Conenct のアカウント登録をしている場合は、同じメールアドレスで招待を受けるとよいと思います。


今回、3DBASWCAMP2016 の参加者には KEYNOTE での発表と同時に、招待メールが届きました。 Trimble Connect と同じアカウントで申し込んでいたので、同じアドレス宛に招待が届き、アクセスするとTrimble Connect にアップロードしていたプロジェクトファイル (*.skp) を確認でき、スムースにデータを開くことができました。


 my.SketchUp.com の詳細については、 http://help.sketchup.com/en/mysketchup に詳しく記述されています。概要は以下の通りです。

・SketchUpPRO/Make が起動できるマシン
・Win/Mac だけではなく Linux もサポート 
・WebGL に対応したモダンブラウザ
・グラフィックカードとシステムメモリ

アプリケーション版 SketchUp との違い

・Web で Sign in が必要 (Google Account または Trimble ID) 
・拡張機能(plugins)は非対応 (現在は非対応と書かれているので将来は?)
・あらかじめ設定された Style を多数採用しているが、現在は Style の編集は不可
・コンポーネントの作成は幾つかの機能が開発中で未対応
・ブラウザ上で動くのでいくつかのショートカットがブラウザとバッティングするため変更されている。(将来的にショートカットのカスタマイズをできるようにする?)
・インターフェースとメニューアイテムの変更


すでに iOS/Android 版 mobile viewer もあり(こちらも最新アップデート V.3 がリリース) Trimble Connect にアップロードしたデータをブラウザで確認することもできていました。今回のリリースで WEB ブラウザでのモデルの編集も可能となったわけです。

ジオロケーションの読み込みは試したところ画像データは取り込めましたが地形のメッシュはうまく読み込めませんでしたが、対応できるようになるのではないかと思います。
SketchUp 公式フォーラムにて問い合わせたところ John Bacus 氏より、回答がありました。my.SketchUp.com には、Google 3D terrain data API へのアクセスを持たないため、地形のメッシュは取り込めないとのことです。(2016/06/15 追記)